「2013福島キャラバン7月」が終了しました!

2013年の東北キャラバンは、7月6日(土)~7日(日)の「福島キャラバン」からスタートしました。参加のチェリストの皆様、お疲れさまでした。そして、各会場にお越しいただきました地元の皆様、私たちのチェロの演奏にじっと耳を傾けていただき、また大きな声で歌もうたっていただき、心から感謝しております。

 これまで同様、高橋明理事(仙台在住)より、「福島キャラバン」の報告記事と、今後への取り組み姿勢に関する思いが届きましたので、ここで紹介しましょう。


「福島キャラバン7月」の報告、そして今後への課題


高橋 明(国際チェロアンサンブル協会理事)

 第4弾のキャラバンも無事目的を達して完了することができました。この場をお借りしまして、お世話になりました関係各位、特に6ヵ所の会場関係者、福島の現地での雑務をお引き受けいただいた、清水さん、都さん、参加いただいたNPO会員のすべての皆様、そして、ネットからの支援を含めて、支えていただいた関係のすべての皆様に厚く感謝申し上げます。今回はそれぞれの参加者および理事から詳しい報告があるということですので、私個人としての感想を書かせてください。

笹谷東部仮設住宅東集会場で出会った皆様と一緒に記念撮影された高橋さん

 今回のキャラバンを準備する上で特に気をつけたことは、これまでの3回と違って、原発被災が加わった福島の特殊性に十分配慮することでした。各演奏会場でいただいた聴衆の皆様の反応は過去のどのキャラバンとも量的にも質的に異なるものでした。それはおそらく福島が抱えているであろう現実を多少なりとも反映したものと確信いたしました。もとより私たちにできることは微々たることです。そのような被災地域に出かけていき、何がしかのものを届けるだけではなく、この現実から目をそむけることなく、何がしかのものを持ち帰り、私たちがもらったもので自身が変わっていくことなのではないか、と考えました。今までのキャラバン同様、現地の方々の体験を直接聞く機会を設けました。残念ながら種々の事情で福島市で活動している復興支援団体「しきだん会」の皆様の声を直接聞くことは叶いませんでした。ぜひ彼らの活動にも注意を払っていただけましたら幸いです。

 スケジュールを発表した後に、南相馬市から相馬市にかけて、改めて下見に行きました。原町区で震災の前に脳外科のクリニックを開業した「しいな脳神経外科クリニック」の椎名厳造先生は、脳外科の同窓で、しばらくぶりで話をしました。震災後の大変な中、お一人で診療を続けたこと、ご自分の病気との闘い、ブログを書き続けていること、今も看護師不足で大変なこと、などなど。その場で日曜の朝に追加の演奏をクリニックの待合でできないか、という話になりました。前回の宮城キャラバンでも、「もくもくランド」での演奏を追加して、ご迷惑をかけた前科があり、迷いましたが南相馬に来るなら、ここのクリニックの関係者にも、ぜひ聞いていただきたいという気持ちになり、すでに発表していたスケジュールを変更させていただきました。この変更により諸方面の方々にご迷惑をおかけしましたことお詫び申し上げます。

 最後に前回のキャラバン終了後に書いた以下の3点のうち、最初の部分について、感じたことを書かせていただきます。
その3点とは

1. 私たちのような素人が被災地で演奏する意味は何か?

2. 国際チェロアンサンブル協会のアンサンブルのモットー、今後の方向性は何か

3. 音楽の力、特にその功罪を明らかにすること。

7月7日付「福島民報」に記事が掲載されました

でした。もとより私たちはいかに技量を磨いたとしても、プロの演奏家には音楽の質という面で大きなハンディを抱えています。しかし、日本全国から同じ目的を持って、ボランティア精神で参加してくる参加者の思いは、何ものにも代えがたい貴重な精神を含んでいると思います。それを何と呼ぶかはそれぞれの立場によって異なるのでしょうが、この精神を持って被災地に行くということに、第一の意味があると思います。「1000チェロ」の15年におよぶ活動の中から、実践的に確立されてきた確信というのも、その上に立ったものだと推察します。ただし、この精神をもって被災地に行き、さらに被災地域の現実から何ものかを持ち帰る柔軟性があるかぎり、私たちの演奏が稚拙だからといって批判されることはないと思います。その意味で、今回を含む4回の東北キャラバンは、国際チェロアンサンブル協会の活動として、誇ってよいものであると確信いたします。さらに輪を広げて、規模も広げて、継続的な復興支援につながることを願ってやみません。

「福島キャラバン7月」開催告知チラシ

下記のような「福島キャラバン7月」のチラシを事前に配布し、PRにつとめました。

笹谷東部仮設住宅 東集会所

福島市古関裕而記念館

南相馬市 寺内権現沢仮設集会所

しいな脳神経外科クリニック待合ホール

南相馬市 牛河内第一仮設集会所

相馬市 大野台サポートセンター