札幌でのレンタルチェロについて 

5月31日まで予約受付中です!
 
 「150人チェロ・コンサート in 札幌」でのレンタルチェロについて、取り扱われている札幌市の極東貿易様(ご担当の荒木様)に取材をしました。荒木様によると、これまで数多くの実績があり、変な楽器はないとのこと。最近は海外から航空機でチェロを運ぶことの難しさもあり、モスクワフィルの公演など、世界の名だたる演奏家に対してもレンタルをされているそうです。
 ここに、レンタルの実際について記します。

・価格について
 ドイツ製のチェロ(演奏会用・100万円程度のもの)12,000円+弓(量産品・無料)
 ハードケース 3,000円(ソフトケースは無料ですが、オススメしないとのことです)
 以上の消費税 1,200円
 保険料 1,500円(ただし盗難や紛失は保険適用外)
 合計 17,700円
※破損については、10%までは免責(つまり100万円の楽器で修理が必要になるような場合、10万円までは、利用者が払うことになります)。これまでの貸し出しの中で、ほとんどの方が大切に扱われるので、そのような事例はごくわずかだそうです。
※イタリア製のチェロですと、18,000円、保険料が1,800円になるそうです。
※弓は量産品を無料でおつけしますが、ご自分の弓を持参された方がいいとのことでした。

・デリバリーについて
 6月23日(土)午前10時に札幌コンサートホールの大リハーサル室(ゲネプロ練習会場)に届けてくださいます。また、24日(日)の本番コンサート終了後に、会場で返却ができます、とのことです。
※レンタルされる方は、23日(土)10時に大リハーサル室で、直接受け取っていただく必要があります。NPO国際チェロアンサンブル協会が代理で受け取ることはできませんので、ご注意ください。
※極東貿易様の店舗で実際に試奏の上、チェロを選ぶことも可能とのことです。その場合は、23日の11時ごろ~14時頃までの間、もしくは前日に店舗に来ていただく必要があり、また、ホールまでは自分で運ぶことになります。
※6月23日(土)の公式練習は、15時スタートですので、遅れないようにお願いします。

・レンタルの契約などについて
 ①極東貿易の荒木様と直接に連絡をお取りください。
     tel.080-3238-7273  
     メールアドレス
         札幌市手稲区新発寒6条7丁目3-10
      http://www.kyokuto-boueki.com
 ②契約書が郵送されてきますので、住所、電話番号などを記入。
 ③本人確認のため、運転免許証のカラーコピーが必要です。もしくは健康保険証またはパスポートのいずれか一つのカラーコピーが必要です。
 ④契約書と、いずれかのカラーコピーを同封のうえ、3月中頃までに返送、料金は6月20日までに極東貿易様の指定口座に振込です。

・レンタルをされない参加の皆様へ
 極東貿易様からのお申し出として、本州から飛行機などで輸送される場合に、何らかの楽器のトラブルがあった場合、代替品としてチェロを無償で2台まで提供することも検討してくださるそうです。また、現場でのメンテナンスにも無償で対応してくださるそうです。弦が切れた場合も、実費で弦の販売を行なっていただくことができるそうです。
 荒木様のお考えは、とにかく演奏会を成功させたいという思いが強く、上記のようなご提案をいただいた次第です。

・レンタルをされる方の声
 2月12日の東京分奏で、実際にレンタルをされる方の声をいただきました。
「てぶらで会場まで行けるので、とても楽だと思います。料金も座席もう1席分を購入するより安いです。いつもの自分のチェロではない、という大きなデメリットはありますが、前日の練習時に慣れるようにすればよいかなと思います。もしかしたら、いつもより良い音が出るかもしれません!? とても親切で、いい演奏をしてください!と励まされました」とのことです。

・レンタル台数について
 2月14日現在、5名の方が申し込まれています。あと5名様、つまり合計10名様まではレンタルの対応が可能とのことです。それ以上の場合は、「まずは、ご連絡をいただき、とにかくご相談ください」とのことでした。

・NPO国際チェロアンサンブル協会の関わりについて
 以上の内容は、参加の皆様の代わりに、どのような流れ、価格でレンタルが行なわれるのかを取材したものにすぎません。レンタルに伴う種々の管理・責任は、あくまでもレンタルをされる個人様と極東貿易様との間にあり、NPO国際チェロアンサンブル協会には、一切の責任が発生しないことをご了解ください。NPO国際チェロアンサンブル協会への、レンタルチェロに関する質問にはお答えできませんので、直接、極東貿易の荒木様にご連絡をお願いします。