スコアに訂正が追加されました!(2018年10月31日現在) 

藤森先生からのご提案で、弾きやすいボウイングに変わりました。
  
「スカルラッティ」
Minuetto
1st
・3、5、11、13、27、29、35小節目すべて 1拍目 V。2拍目 П。
・9、17、33小節目 1拍目 V。2拍目 П。
・19小節目 1拍目 V。2拍目 П。3拍目裏 П。
・37小節目 1拍目 П。2拍目 П。
 
2nd
・3、5、11、13、27、29、35小節目すべて 1拍目 V。2拍目 П。
・4、12、28小節目 1拍目 V。3拍目 П。
・6、30小節目 V П V。
・37小節目 1拍目 П。2拍目 П。
 
3rd
・3、11、27小節目 V П V。
・5小節目 П V V。6小節目 П V。7小節目 П V V。
・17小節目 П V V。
 
4th
・17小節目 П V П 。
 
「フンク組曲」
Adagio
1st
・16小節目 4拍目 V П 。17小節目 V П V V。
 
続いて、山本先生からご指示があったところをお知らせします。
 
「レリジョーソ」
・[E]の1小節前、早くしない。ゆっくりのまま。
・[E]から2つ振り。
・[F]の1小節前、クレッシェンド。
・[F]から情熱的に。
 
「Serenade」
・38小節からどんどん消えて行く。
 
「ブラジル風バッハ」
・[4]のフェルマータから次の小節に入るタイミングは、スコアを確認のこと。
・2小節目の1stと3rdの入るタイミングは、ソプラノと2ndの1拍目の動きがあってから。


スコアに訂正が追加されました!(2018年10月26日現在) 

「神戸から世界へ」において、一部、変更があります。
 
 
「神戸から世界へ」
7th~9th
・[17]の collegno のボウイングを、[20]の arco のところに写してください。
 
4th、7th~9th
・170小節目 collegno は、2拍目からです。少しずれてしまっています。
・177小節以降、次の arco は、4thは[22]178小節目から。7thと8thは[23]184小節目からです。
 
7th
・[29]221小節のみ誤植でした。他の小節と同様に後打ちです。訂正いたします→四分休符 ド 四分休符 ド 。
 
11th・12th
・122小節目6拍目〜123小節目1拍目にかけて、スラーを加える。


スコアに訂正が追加されました!(2018年10月14日現在) 

「白鳥」において、一部、音の変更があります。
 
 
「白鳥」
3rd
・21小節目、4拍目 ソレ は誤植。シレ に訂正します。
 


スコアに訂正が追加されました!(2018年10月11日現在) 

10月6日の東京公式練習及び10月7日の関西地区公式練習において、山本祐ノ介先生からの新たな追加情報です。「レクイエム」「ヒヌムス」において、大幅に変更されています。どうぞよろしくお願いします。
10月10日の内容に一部間違いがありました。恐縮ですが、赤字の部分が正しいものです。
 
 
・div.について
誕生月が奇数の人は上、偶数は下。
 
 
「チェロのためのレクイエム」 
1st
・1小節目、1拍目 П。2.3拍スラーで V。
・2小節目、1拍目 П。2拍裏 V。3拍目から3小節目1拍目にスラーをかけて П。
・3小節目、2.3拍目スラーで V。
・6小節目、3拍目裏 V。
・7小節目、1拍目スラー П。2拍目 V。
・8小節目、2拍目 V。3拍目 П V。
・9小節目、1~3拍目スラー П。4拍目スラー V。
・10小節目、3拍目 П V。
・14小節目、3拍目裏 Vを15小節目の1拍目までスラーでつなげる。
・16小節目、3拍目表 П、裏 Vを17小節目の1拍目までスラーでつなげる。
・17小節目、3拍目 П V。
・18小節目、1拍目 П。3拍目 V П。
・19小節目、1~2拍までスラーで V。3拍目スラー П。
・20小節目、1拍目スラー V。2拍目 П。
・25小節目、3拍目スラー П。
・30小節目、1拍目もう一度 П。
・42小節目、3拍目 П。
・43小節目、1拍目 V。2拍目裏 V、3拍目 П。
・47小節目、1拍目 П。
・62小節目、1拍目 П、2.3拍スラー V。
・63小節目、1拍目 П、2拍目裏 V、3拍目 П を64小節目1拍目までスラーでつなぐ。
・64小節目、2拍目 V。
・67小節目、3拍目裏 V。
・68小節目、1拍目スラーで П。2拍目 V。3拍目裏 П。
・69小節目、2拍目 V。4拍目 П V。
・70小節目、1拍目 П。2拍目 V。4拍目スラーで П。
・71小節目、1拍目 V。3拍目 П V。
・75小節目、3拍目pを消してディミニエンド。さらに3拍目 П Vを76小節目の1拍目までスラー。
・76小節目、1拍目p。3拍目 VПを77小節目の1拍目までスラー。
・77小節目、3拍目 П Vを78小節目の1拍目までスラー。
・78小節目、3拍目 П V。
・79小節目、1拍目 П。
・81小節目、П(3拍目のVを消す)。
・82小節目、 V。
・85小節目、П スラー。
・86小節目、V スラー。
・87小節目、П。88 V。89 П。
・90小節目、1.2裏拍スラー V。3拍目П。
2nd
・30小節目、途中のVを消す。
・31小節目、V。32小節目辺りで(П)。
・33小節目、1拍目 V。2拍目 П。
81小節目、П。82 V V。83 П。84 V。
・91小節目、П。
・92小節目、Пを消して(V)。
3rd
・81小節目、П。82 V。83 П。
・85小節目辺りで(V)。
・86小節目、3拍目 V。87 П。
・91小節目、П。
・92小節目、Пを消して(V)。
4th
・81小節目、3拍目 П。82 V。
・91小節目、П。
・92小節目、Пを消して(V)。
 
「レリジオーソ」 
4th
・34小節目のespressoはゆっくりしながらディミヌエンド、[E]からテンポで。よく指揮者を見ましょう。
 
「セレナーデ」
1st
・20小節目、2拍目のミをしっかり歌いましょう。 
3rd
・23小節目、1拍目で前のフレーズが終わり、新たなフレーズ2~6拍目にかけてクレッシェンド、ディミヌエンド。よく指揮者を見ましょう。
 
【ブラジル風バッハ No.5】
 
2nd
・5小節目からのpizzicatoは、表パートが下と上の5度、裏パートが真ん中の一音、というようにdiv.すると楽になるのでおススメします。
・13小節目、2拍目 ラレド を ラレシ に訂正。(33小節目と61小節目は合っています)
・42小節目、4拍目の四分音符を八分音符に変更し、八分休符を加える。5拍目は П V。
・45小節目、5拍目 V П V。
・48小節目、2拍目 П V V。4拍目 П V V。
 
 
「フンク組曲」 
Allemande
全パート
・15小節目、カンマの後4拍目は、1回目はテンポで、2回目はゆっくり。
  
Gigue
 全パート
・弓の弾き方…右腕をラウンドさせて円を描くように。水車のように回転させて止まらないように弾きましょう。
 
「白鳥」
 全パート
・arcoからpizzicatoへの弓の持ち替えが間に合わない場合は、div.して表の人が次の拍のpizzicatoを、裏の人がarcoを最後まで弾くようにしてください。
  
「スカルラッティ 」
Grave
フンクと違い、舞曲ではありません。拍を正確に厳かに弾きましょう。
 
Minuetto
全パート
・17小節目から、ハ短調が変ホ長調に変わります。ニコッと笑って弾きましょう(^_^) 
4th
・7小節目 П V V。
・14小節目 П П V。
 
「ヒムヌス」
9~12th
・以前にもお知らせしましたが、57小節目からはなるべくオリジナルで頑張ってください。難しい方は改造版でも大丈夫です。
 
1st
・6小節目、4拍目 П。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。
・68小節目、6拍目 П。
・69小節目、1拍目 V。4拍目 П。
・70小節目、V。
・71小節目、3拍目 П、4拍目 V。
・79小節目、П(V)。80小節目、П(V)。
 
2nd
・6小節目、4拍目 П。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。
 
3rd
・6小節目、4拍目 П。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。
 
4th
・6小節目、4拍目 П。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。
 
5th
・5小節目4拍目~6小節目1拍目をスラーで V。
・6小節目、4拍目 П。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。6拍目に八分休符を加える。
・68小節目、6拍目 П。
・69小節目、1拍目 V。4拍目 П。
・70小節目、V。
・71小節目、3拍目 П、4拍目 V。
 
6th
・5小節目4拍目~6小節目1拍目をスラーで V。
・6小節目、4拍目 П。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。6拍目に八分休符を加える。
 
7th
・6小節目、(П)。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。6拍目に八分休符を加える。
 
8th
・3小節目、1拍目辺りで(V)。4小節目、1小節目辺りで(П)。
・5小節目、V。
・6小節目、(П)。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。6拍目に八分休符を加える。
・9小節目、1~3拍目 П。4拍目 V。
・10小節目、1拍目 П。4拍目 V。
 
9th
・3小節目、1拍目辺りで(V)。4小節目、1小節目辺りで(П)。
・5小節目、V。
・6小節目、(П)。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。
 
10th
・4小節目、1小節目辺りで(П)。
・5小節目、V。
・6小節目、(П)。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。
 
11th
・3小節目、V。
・4小節目、1小節目辺りで(П)。
・5小節目、V。
・6小節目、(П)。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。
 
12th
・4小節目、1小節目辺りで(П)。
・5小節目、V。
・6小節目、(П)。
・7小節目、V。
・8小節目、(П)。
 
「神戸から世界へ」
全パート
・32~33小節にかけて rit. よく指揮者を見ましょう。
・[2] in2
・51小節目 in4
・[5] in3
・[10] in2
・[14] in4
・[17] in2
・[22] in4
・[29] in2
 
1st
・57小節目、3拍裏 mf を書き加える。
 
4~6th
・54小節目、p を消して f に変更。sul pon をしっかりしましょう。
 
7~12th
・214小節目、1小節間ディミヌエンド、を加える。
 
7、8th
・228小節目、3拍目 V に訂正。
 
9~12th
・161小節目、1拍目 G と印刷されていますが、F の間違いでした。訂正します。


スコアに訂正が追加されました!(2018年9月30日現在) 

9月29日の関西地区公式練習において、山本祐ノ介先生からの新たな追加情報です。どうぞよろしくお願いします。
 
 
・div.について
誕生月が奇数の人は上、偶数は下。
 
「カルメン」
全パート
110小節目 1拍目 p を書き込む。
 
「チェロのためのレクイエム」
全パート

クリックで拡大します

50小節目 sub.f を、1~3拍目にかけて中膨らみな クレッシェンド f ディミヌエンド。(写真参照)
・58~61小節目 大幅にボウイングが変更しました。(写真参照)
1st
・10、71小節目 3拍目 V V を П V に変更。
・41~42小節にかけてディミヌエンド。
2nd
・41~42小節にかけてディミヌエンド、ただし42小節目2、3拍は聞こえるように。
3rd
・42小節目ディミヌエンド。 
4th
・41~42小節にかけてディミヌエンド。
 
「レリジオーソ」
1st
・44小節目 4拍目 V。45小節目 П V。46小節目 П V。 
2nd
・54小節目3拍目 П。55 V。56 П。57 V V。 
3rd
・48小節目 ソシ♭ラを V、4拍目ソを П。49小節目2拍目 V。50小節目2拍目 П。51小節目1拍目 V、3拍目 П。52小節目2拍目 V。53小節目1拍目 П V。54小節目1拍目 П、4拍目 Vのまま55小節へ。56小節目 П。
4th
・55小節目辺りでバラバラに V に返す。56小節目 П。
 
「セレナーデ」
1st
・20小節目(レド)П、(ミレドシ)V、(シラ)П、(ラソ)V、(ソファ)V。
・34小節目4拍目(ファミ)V、(ミ♭レドシ)П。35小節目  V。 
2nd
・35小節目2拍目 pp を消して、代わりにディミヌエンドを加える。36小節目 pp。
・35小節目2拍目(レミ)V。(ファソラ♭)П。36小節目(ラドシ)V、(ラソラ)П。
3rd、4th
・10小節目からの8分音符は、1拍目と4拍目を意識して、重たくならないように。
 
【ブラジル風バッハ No.5】
全パート
・10小節目のdim.は、①に向かってだんだんとエネルギーを失くしていくような感じで。
2nd
・③のページのめくりは、ピツィカートを終えたらすぐ、他パートがフェルマータを伸ばしている間に素早くめくる。
・38、39、40、44、45、46、47小節などの2拍目は П V。
3rd
・上パート 39小節目2拍目 П V、5拍目 П V V。40小節目2拍目 П V。
 
「フンク組曲」
この曲はきっちりとしたテンポはなく、自由な感覚で。
 
Adagio
全パート
・11、17小節目1拍目はフレーズ終わり。たっぷりと П を保つ。
・17小節目3.4拍クレッシェンド。18小節目 f 。 
1st
・11小節目2拍目 П、3拍目V V。
・17小節目2拍目 П、3拍目V V。
2nd
・11小節目2拍目 П、3拍目V V。
 
Allemande
全パート
・3小節目1拍目はフレーズ終わり。しっかり弾いてから、2拍目は sub. p 。
 
Courante
わりと速め。♩=100 くらい?
 
Sarabande
全パート
・最後の小節のカンマは、1回目なし。2回目あり。
4th
・この曲は4thの見せ所。がんばろう!
 
Gigue
この曲は弓をラウンドする弾き方。弓元でコンパクトに。「にゃ~タ、にゃ~タ」という感じで。曲が止まらないよう、回転するようにテンポ良く!
 
全パート
・2小節目2拍目 П П、3拍目 V П、4拍目 V V。
・2拍目2拍目ディミヌエンド、4拍目3個目クレッシェンド。
・6小節目2拍目 П П、3拍目 V П、4拍目 V V。
・9小節目からのこのリズムは、スタッカートが重くならないように。
 
「白鳥」
1小節間に6つの♩がある時は、1拍目をしっかり。ジワジワと出ないように。
2nd
・5小節目のピツィカートは親指で下から〰︎〰︎。
・27小節目の最後の音まで弾いて、次のピツィカートは弾いたふり!実際には弾かなくても大丈夫。
3rd
・25小節目div.表はarcoを最後まで、ピツィカートなし。裏はarcoを途中でやめて4拍目のピツィカートを確実に。
4th
・18小節目のピツィカートは親指で下から〰︎〰︎。
 
「スカルラッティ 」
この曲は、子韻をはっきり。フレーズの出始めをしっかり。
 
「ヒムヌス」
9~12th
・57小節目からのピツィカートは、オリジナルをがんばっ てみてください。特に、3声の重音はしっかり。
難しいようなら改造版でも大丈夫です。
 
「アンコール」
全パート
・× はボディを、シュッ と手のひらで擦る。
4th
・Snapは、バルトークピツィカートで。


スコアに訂正が追加されました!(2018年9月28日現在) 

山本祐ノ介先生からの新たな追加情報です。どうぞよろしくお願いします。
 
【ブラジル風バッハ No.5】
スコア
・下記をクリックし、赤字で記しているところを、パート譜に書き写してください。どうぞよろしくお願いします。
Brasileiras_Bowing.pdf


「神戸から世界へ」の音源サンプルです!(2018年9月27日現在) 

第4回の時に広島で演奏した「広島から世界へ」のライブ録音を公開します。今回の演奏曲「神戸から世界へ」と冒頭が違いますが、十分に参考になります。下記をクリックして、お聴きください。
 
from Hiroshima.mp3 
 


パート譜に訂正が追加されました!(2018年9月26日現在) 

新たな追加情報です。どうぞよろしくお願いします。
 
【スカルラッティ】Minuetto
2nd
・6小節目 1拍目П は間違いでした。 V に訂正します。


パート譜に訂正が追加されました!(2018年9月22日現在) 

新たな追加情報として、藤森亮一先生からのお知らせです。どうぞよろしくお願いします。
 
【フンク:組曲】Allemande
3rd
・8小節目 1拍目のララは、П П でスラーのように弾きます。2拍目は V V でスラーのままです。


ブラジル風バッハのスコアと音源です。(2018年9月20日) 

参加の皆様、ブラジル風バッハの演奏に役立つスコアとYouTube画像をアップしました。スコアを見ながら音源を聴いてみてください。曲の構造がわかってくると思います。Pizzを担当されるパートは大変ですが、練習では弓で弾いて、音を取ることをお勧めします。ソプラノの歌詞が出てくる中盤は、スコアリーディングが必須です。なお、スコアは10月末までの公開とさせていただきます。
 
【ブラジル風バッハ〜スコア】

Bachianas Brasileiras Score.pdf
 
【ブラジル風バッハ〜YouTube】
ベルリン・フィル12人のチェリストたち


パート譜に訂正が追加されました!(2018年9月18日現在) 

新たな追加情報です。山本祐ノ介先生からのアドバイス付きです。どうぞよろしくお願いします。
 
【カルメン前奏曲】
1st
・125小節目 tr がない理由。難易度と効果のバランスを考えて、敢えて省きましたが、奏者の責任(次のG音の音程をキチンと取れるか?など)においてアドリブで付けていただくなどは構いません。
2nd
・10.18.19小節目 1.2拍の♪♩♪の形は、すべて VП V 。
・55小節目 2拍目 П 。56小節目 1拍目 V。
・78小節目 1拍目裏 V から。
3rd
・18.19小節目 1.2拍の♪♩♪の形は、すべて VП V 。
・27小節目 1拍目 V から。
・55小節目 2拍目 П 。56小節目 1拍目 V。
・66小節目 2拍目裏 П 。
・78小節目 1拍目 V V 。
4th
・11.18.19小節目 1.2拍の♪♩♪の形は、すべて VП V 。
・27.29小節目 1拍目 V から。
・55小節目 2拍目 П 。56小節目 1拍目 V。
・79小節目 2拍目 V 。
・97小節目 2拍目 スラースタッカートを追加してください。(101小節目と同じように)
 
 
[ヒムヌス]9月17日のお知らせで間違いがありました!
4th 
・61小節は、ACEではなく、正しくはACAでした。


パート譜に訂正が追加されました!(2018年9月17日現在) 

各地で分奏練習が行なわれていますが、その中で、ボウイングの変更や音符の訂正などが追加されました。9月17日現在の最新の情報をお手元の楽譜に変更点を記入してください。なお、フンクとスカルラッティにつきましては、コンサートマスターの藤森亮一さんからご指定のボウイングが届きました。→こちらでご覧ください。
 
 

変更点 まとめ

 
【カルメン前奏曲】
まだ、パート譜を練習時にいただいていない方は、次のダウンロードサイトから、入手してください。ただし、期間限定公開で、9月末までのダウンロードとさせていただきます。
 
ダウンロードはこちら Carmen-parts.pdf
ページの左上に小さく数字がありますが、その数字がパート番号です。
 
全パートの皆さんへ    
・テンポ、♩=108
・指番号は山本先生が考えてくださったものです。ご参考にしてください。
2nd      
9小節目4拍目4つ目のAsの指番号「0」は間違い。17小節目4拍目4つ目の指番号「1」は、5つ目のBに移動してください。 
3rd、4th                   
130小節目1拍目 ППV。
 
  
【チェロのためのRequiem】
1st                
63小節目3拍目ファラを V に。 
2nd                           
・62小節から大幅に改定しました。
・62  П  П   63 V   64 П   65 V  66 П  67 V  68 П V   69  П。
・70  П  V。 
3rd                             
・62小節から大幅に改定しましたが、9月6日に発表した物が間違えていました。
・62 П П 63 V 64 П П 65 V 66 П 67 V 68 П 69 V。 
4th                            
・58〜60小節目 上のパートが「H F# C」「H F# D#」「H F# C#」となっていますが、これを「H G C」「H A D#」「H G C#」に訂正します。
・62小節から大幅に改定しました。
・62  П  П   63 V  V  64 П   65 V  66 П  67 V  V   68 П    69  V。
 
 
【フンク 組曲】
Air
4th                            
・3小節目 1拍目は П 。
 
Sarabande
3rd                            
・1小節目 П V V。
 
 
【スカルラッティ】
Minuetto
3rd                            
・9小節目 1拍目 П。
 
 
【Religioso】
1st                              
・練習番号Fにmfを追加。     
・82小節目3拍目にV。
・16分音符の装飾音は、すべて音価どおり16分音符で演奏する。ただし、再現部に入る前、55小節目の装飾音だけは詰めてください。
2nd                            
30 V   31  П  V  59  V  60  П V  83 V   84  П  V。
・93小節目のミの音は可能であればSul D(7ポジションの2指)で弾く。
3rd                            
・19小節目V V で。
・31小節目のスラーを消して  П  V にする。
4th                             
・9小節目にVを追加。←Vに括弧をつけて記入(バラバラに返してください)。
・33小節目のデクレッシェンドを消去し、35小節目にデクレッシェンドを追加。
・35小節目のpを消去。
・80小節目のVを消してПにする。
・94,95のフラジオ記号(◯)は削除。
 
 
【Serenade】
2nd      
・22小節が П 23小節が V。                 
4th  
・16小節に<(クレッシェンド)、17小節に>(デクレッシェンド)と追加。なお17小節目6拍目のfは有効のまま。
3rd、4th                
・15小節にcresc を追加。
 
 
【ブラジル風バッハ】
全パート
・小節番号を振っておいてください。
(ちなみに、①14小節、②20小節、③35小節、④43小節、liberamenteの次の小節 Tempo Ⅰ は51小節目、となります)。 
2nd
・35.36.39小節5拍目 П V V。
3rd
・7小節目 5.6拍目を V V。
・いちばん最後の小節 3拍目は arco。 
4th
・43小節4拍目 П V V。
 
 
【白鳥】
1st                              
7小節 4、6拍目の(F#)は4パートと重複しているため、演奏しなくても良いという意味だと推察されますが、今回はトライしてください。
 
 
【Hymnus】クレンゲル「讃歌」
2nd、3rd         
・76小節目をП、77小節目の付点4分音符2つはどちらもVで。

2nd                   
・36小節目 V → 間違いです 正確には П V。 
4th                    
・61小節目 4.5.6拍目は「C E C」になっていますが、「A C E」に訂正します。
・75小節目をП。76小節1拍目をV。 
5th                    
・74小節目をП。75小節1拍目をV。
・42小節目 V。
・47小節目 V。 
7th                    
・23小節 V  П。
・73小節1拍目はV。73小節3拍目をП。74小節1拍目をV。 
8th                    
・8小節目 V にバラバラ返し  9  П V   10 П V(スラーを削除)。
・27 П   28 V   29 П   30 V    31П。
・49 П    50の4拍目 V  51の5拍目 П   52の5拍目 V   54 П。
・55の2拍目 V   5拍目 П。
・73 V    74 П    75 V    76 П V  77 П V   78 П V    79 П。
9th                    
・28小節目をП。29小節1拍目をV。4拍目をП。30小節1拍目をV。
・28〜30小節の上記のボウイングを、52〜54小節も同様に。 
10th                     
・27小節目をП。28小節1拍目と3拍目をどちらもV。
・27〜28小節の上記のボウイングを、50〜51小節も同様に。 
11th                  
・1小節目をП。3小節目をV。
・26小節目をП。27小節1拍目をV。
・26〜27小節の上記のボウイングを、50〜51小節でも同様に。 
12th                  
・25小節目をП。26小節1拍目をV。
・25〜26小節の上記のボウイングを、49〜50小節でも同様に。
・70小節目 3拍目裏をE♭からEへ、4拍目をE♭へ訂正。
 
 
【神戸から世界へ】
10.11.12th
・18小節 1.2拍目を V V に訂正。 
9.10.11.12th
・27小節  V、30小節  V を加える。 
4.5.6th
・117小節4拍目にあるppを3拍目に変更。 
2〜12th
・141小節目 [16]が落ちているので記入してください。 
4〜6th
・160小節目 3拍目 G#をGに訂正。
7〜12th
・272小節目 3拍目 ナチュラルが落ちています。Dナチュラルに訂正。
 
以上です。どうぞよろしくお願いします。


フンクのボウイング

フンク組曲ボウイング付.pdf
 

スカルラッティのボウイング

スカルラッティG&Mボウイング付.pdf